30歳過ぎたら健康の為に心掛けている事

20代までは、特に健康についてあまり真剣に考えた事がありませんでしたね。でも、いつまでも20代の健康体なわけじゃないんですよね。

自分の中ではいつまでも若い感覚で居るつもりでしたが、現実の身体はそうもいかないんですよね。去年受けた健康診断に、現実がしっかりと証明されていたんですよね。

やっぱり加齢と共に基礎代謝が低下していくみたいで、恥ずかしながらやや肥満と指摘を受けてしまったんです。こんな風な結果が出てしまったら、苦手なダイエットを頑張るしかないんですよね。

30代からのダイエットは単なる美容の為じゃなくて、健康の為に必要な事ですよね。肥満のままズルズルと過ごしてしまうと、将来的に成人病になる恐れが出てきますからね。

色々と医者からもお叱りを受けたので、一念発起してまたダイエットに励んでみました。

実は私は運動が苦手なので、やっぱり歩く事から始めてみました。歩く事は健康に一番良いと言われていますものね。私の場合は、特別構えてウォーキングするぞという形じゃなくて、ちょっと遠回りして歩いてみるとか、バス停も一つ余分に歩くとかそんな所です。歩く際にも普通の歩調じゃなくて、気持ち大股で早歩きするだけでもカロリー消費してくれるんですよ。

頑張り過ぎても長続きしないので、まずは自分が無理なく出来る所から始めています。他にはバランス良い食事が健康に良いですね。

気になりだしたほうれい線

20代後半になってしわが気になりだした。

真顔のときはそうでもないのですが、笑うと深いしわができてきます。

今、30代目前になり、ほうれい線がとても気になるようになりました。

真顔のときでも、ほうれい線がくっきりと目立つようになってきたのです。

これはなんとかしなければと思いました。

しかし、私は今専業主婦です。

エステに通えるお金なんてありません。

高級な化粧水なども買うことも気がひけます。

美顔器等の美容品を買うのも贅沢だと思います。

しかし、そんなことはおかまいないしに私の顔はほうれい線が目立つようになり、どんどんおばちゃん化していきます。

そんなときに、テレビでみたほうれい線のケアを実行しています。

これなら、お金はもちろん、時間もかからず、隙間時間でできます。

それは、ほうれい線の部分を口の内側から舌でなぞるという方法です。

これなら、家事をしながらやテレビを見ながらでもできるし、しかもタダでできて専業主婦の強い見方です。

しかし、人前ですると、顔が少し変になるので気をつけてください。

しかし、こんな簡単な方法でほうれい線がどうにかなるものかと半信半疑でした。

ですが、この口の内側から舌でほうれい線をなぞる行為を続けていると、ほうれい線が目立たなくなってきました。

本当に道具も何もいらずに、ほうれい線が目立たなくなるなんて夢のようです。