ニキビ跡のケア方法について

31ニキビ跡で悩んでる人は多いです。ニキビ跡は時間の経過とともにターンオーバーが進むと、ニキビ跡は徐々に目立たなくなります。ニキビ跡の中にはセルフケアでは治すことが難しいものもありますが、ニキビ跡を改善する生活習慣のポイントは、食事・食生活です。

新陳代謝の促進作用がある栄養素は、人参やホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAや、まぐろやレバーなどに豊富なビタミンB6です。大豆製品や卵、魚介類に含まれているタンパク質も、新しい皮膚の形成に必須とも言える栄養素ですし、野菜や果実に豊富に含まれているビタミンCは、コラーゲン線維の生成を促進するほか、抗酸化作用で肌の調子を整えます。

ニキビの悪化を防ぐという点では、皮脂分泌を抑える作用もあるビタミンB群は、積極的に摂りたい栄養素ですが、逆にそのビタミンB群の吸収を妨げるカフェインは、摂り過ぎに注意しないといけません。

ニキビ跡のケアで大切なのに睡眠もあります。睡眠中には、皮膚や筋肉、骨、内臓器官などの発育を担う成長ホルモンが分泌されるので、肌の修復や再生機能であるターンオーバーが順調に行われるためには、この成長ホルモンが必要なのです。きちんと睡眠をとらないと成長ホルモンが働かないため、肌細胞の修復が進まず、ニキビ跡も改善しにくくなります。

ニキビ跡を改善する生活習慣のポイントの3番目は、 血行促進です。血行が良くなると栄養分が肌の細部まで届き、新陳代謝が高まり、血行促進のためにおススメなのが、ウォーキング、ストレッチ、ヨガなどの適度な運動や、ぬるめのお湯にゆったりとつかる入浴で、特に入浴は、毛穴を開いて汚れを落としやすくし、新たにニキビができるのを予防する効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です