膝の黒ずみとターンオーバー(新陳代謝)

膝のイメージ
肌が黒ずむのは、日焼けなどの紫外線だけでなく、 乾燥、摩擦、圧迫、炎症などで肌を守ろうとメラニンが生成され色を黒くして防御する役割があるからです。肌は、紫外線や刺激からお肌を守るためにメラノサイトが活性化してメラニンが生成され、メラニンは、紫外線を吸収したり炎症を防ぐ役割など、細胞が傷むのを防ぎます。

通常は、新陳代謝ターンオーバーにより、新しい細胞が生まれて、素肌は生まれ変わるのですが、ターンオーバーが正常に行われないとはがれ落ちるはずのメラニンが、色素沈着してシミや黒ずみになります。

肌の黒ずみが消えない原因は、ターンオーバーの乱れや新陳代謝の低下などで、新陳代謝が低下する要因は、年齢とともに低下したり、ストレス・疲労・肥満など生活習慣の乱れなどが原因で低下してしまい、 新陳代謝の低下によってターンオーバーの周期速度が乱れます。

肌の黒ずみになりやすい身体の各部位は、、鼻・肘・脇・膝・乳首・お尻・ビキニラインやデリケートゾーンなど色々な要因でなりやすいところです。 肌を長く綺麗に保つ秘訣は、生活習慣を大切にすることが美しい肌づくりが大切です。

膝の黒ずみ解消
肌の黒ずみは、生活習慣の乱れも多く、主な要因は睡眠不足や栄養の偏りが挙げられます。ターンオーバーは寝ている時に行われ、夜の10時から2時の時間帯が活発になるといわれております。質の良い眠りでぐっすり眠ることが大切です。また食事の見直しもとても大切で、たんぱく質、ビタミン、亜鉛などを摂ることも肌の黒ずみを解消する方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です